会計ソフトはメリット・デメリットどっちが多い?

デメリットは何?

人によっては時間がかかる?

慣れない操作は誰だって不安ですし、時間がかかってしまうのも当然です。特に会計ソフトによってはクセがあるケースもあるので、通常の業務に支障が出る事も考えられます。もちろん操作に慣れていない方が処理すると、通常の何倍も時間がかかるので注意して下さい。
そして根本的な問題ですがパソコンやタブレットを使って処理をするので、これらがトラブルを起こしている場合は元も子もありません。特にインストール型はその端末が不具合を起こし、データが消えてしまったりリカバリしなければならなかったりする場合はイチからやり直しになります。
これらに気をつけて処理していかなければならないので定期的なバックアップを取り備る事をおすすめします。

デメリットをメリットに変えるには

いくらデメリットがあるからと言って、それを放置しているとそのままです。別の項目であげたデメリットになり得る操作に不慣れな場合の時間ロスや、端末のトラブル時に関する問題はクラウド型にする事で解決します。クラウド型のソフトはID・パスワードで管理されていて、自動バックアップ機能がついているので万が一でも安心です。操作に関してはある程度の練習が必要ですが、初心者向けに分かりやすいガイドが付いているソフトもあるので参照しながら処理します。
電子マネーや銀行口座に紐付けして、自動記帳が出来るソフトもあるのでパフォーマンスを重視するのなら、これらを導入するのも一つの手段です。デメリットに着目してメリットに変えていきましょう。


この記事をシェアする