会計ソフトはメリット・デメリットどっちが多い?

税理士業務ってどんなもの?

会計ソフトの種類

会計ソフトにはいくつかの種類があり、まず無料で利用出来るフリーウェアがあります。これらのソフトは気軽に導入出来るのでフリーランスを始めたばかりの方や、個人で申告する方から支持を得ています。そして有料ソフトであるシェアウェアはコストがかかりますが、フリーウェアよりも機能が充実していてソフトによってはサポートがついている場合もあるので安心して使えます。
これらのソフトはインストール型とクラウド型に分かれます。インストール型はその端末にインストールするので、共有設定が必要ですがネットが使えない時にも使えるのがメリットです。クラウド型はネットを通じて専用のサーバーにデータを保存するので、多くの端末からアクセス出来るので共有が簡単です。

会計ソフトのメリット

いくつかの種類がある会計ソフトですが、このソフトを使うメリットを公開します。税理士へ依頼するよりもコストが発生しないですし、社員が操作するので業務内容を熟知した上で税理処理が出来るのは大きなメリットです。
また業務の合間に出来るので、自分のペースでコツコツ出来るのも強みになります。会計ソフトは基本的に特別な知識は不要ですがこなしていく内に税務について理解出来る様になったり、書類作成のスピードがアップしたりするのでスキルアップとして使うのも賢い方法です。
社員全体で税務を分担する事で効率化を図れるので、1名の税理士がこなすよりも早く終わるケースも考えられます。会計ソフトはコスパ重視の方におすすめの方法です。


この記事をシェアする